☰ MENU

即効性ありだけどかなり危険な「利尿剤ダイエット」

即効性ありだけどかなり危険な「利尿剤ダイエット」

様々なダイエット法が毎日のようにメディアで紹介されていますが、これだけたくさんの情報があるとどれが本当に効果があるのかわからなくなってしまいますよね。中には方法を間違えると健康を損ねてしまうような、おすすめできないダイエット法も存在します。「利尿剤ダイエット」もその一つです。

・利尿剤ダイエットとは?

即効性ありだけどかなり危険な「利尿剤ダイエット」

利尿剤を使って体内の余分な水分を排出することで代謝をアップさせてダイエット効果と健康改善効果を得ることができるというもの。人間の体は体に余分な水分が溜まってしまうと、浮腫(むくみ)が発生します。浮腫(むくみ)があると老廃物の排出や細胞への栄養の取り込みが上手く行われなくなるため、更に浮腫み(むくみ)が発生。余分な水分が溜まっていくことで代謝が低下し、脂肪が燃えにくい体になってしまいます。

利尿剤は体内の余分な水分を排出する働きがあり、同時に塩分も排出することができるため、浮腫(むくみ)を取るのに適した薬なので、これを使用することで体重を減らすことができるというわけです。ただ、脂肪を減らすような効果はないため、水分を摂れば体重はまた元にもどってしまいます。

・利尿剤ダイエットが及ぼす悪影響①副作用がある

慢性的に浮腫(むくみ)がある人には効果がありますが、それ以外の人が使用すると、様々な副作用が発生する可能性があります。倦怠感、頭痛、じんましん、吐き気、貧血、光線過敏症、水疱性皮膚炎、かゆみ、黄疸などが挙げられます。

・利尿剤ダイエットが及ぼす悪影響②トイレの回数が増える

使用して約30分ほどで効果が出始めますが、余分な水分を排出するために、トイレの回数が増えることになるので、外出時には注意が必要になります。

・まとめ

利尿剤ダイエットは、慢性的な浮腫(むくみ)による代謝の低下で太りやすくなってしまっている方には効果が期待できる方法ですが、それ以外の方にはおすすめできない方法だと言えます。ほとんどの方が脂肪を減らすことを目的にダイエットをするわけなので、水分を排出して体重を減らす方法よりも、別のダイエット法を試した方がいいのではないでしょうか。

Top